teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


EIZO FES PART 11 開催致します

 投稿者:EIZO FES 事務局メール  投稿日:2009年 8月 7日(金)21時10分45秒
  突然の告知失礼いたします。不適切であればお手数ですが削除願います



「西日本最大級のインディペンデント映像、映画祭」

今回で11度目の開催となる [EIZO FES PART 11]

特別上映は日本を代表するフォークシンガーあがた森魚の
映像作品集と各国の映画祭で好評を博している映像作家の
小池照夫作品。

加えて国内外より一般公募作品16作、
EIZO FESワークショップ2009 6作、
Nextセレクション作家作品 4作、
VIDEO POLICE(関西映像制作グループ)6作、

の計34作品を2日間で一挙上映いたします。


[EIZO FES PART 11]
[開催日時]■2009年8月29日(土)30日(日)
     土曜14:00~20:00
     日曜14:00~19:00
[入場]無料
[会場] 神戸アートビレッジセンター シアター(96席)
     神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号
[主催・共催] EIZO FES 事務局、KAVC 映像ワークショップ
        神戸アートビレッジセンター
[公式サイト]http://eizofes.com/
                 メール eizofes@gmail.com

http://eizofes.com/

 
 

シューレ大学国際映画祭開催!

 投稿者:シューレ大学―長井  投稿日:2009年 8月 5日(水)20時42分30秒
  今年の春に作品公募の案内をさせていただいたシューレ大学と申します。
おかげさまで多数の作品の応募がありまして、選考した作品や原一男監督の『さよならCP』などを上映します。よろしかったらおいで下さい。

【第二回シューレ大学国際映画祭「生きたいように生きる」】

生き難さを感じながらも、その生き難さの正体も、自分とは何者かさえわかりにくい状況に私たちはいます。
この映画祭はロシア、韓国からの海外映像作品、一般公募作品、主催のシューレ大学の学生作品に加え、ドキュメンタリー作家の原一男監督の作品上映と、原監督推薦作品を上映します。それぞれの上映後にはトークセッションも設けており、最終日には原監督の講演会もあります。映画のテーマも多様で平和、性的少数者、働くなど多岐にわたります。また、今年は海外を中心としたフリースクールの子どもたちが作った映像も上映します。

「観る」ことは、出会うことであり、自分が変わることであると私たちは考えています。この映画祭では、映像という表現を通して、この生き難さが覆う社会を考え、立ち向かおうとしている人々が出会い、つながって行くことを目的としています。皆さんのご来場をお待ちしています。

上映作品:
原一男監督作品「さようならCP」
石田未来監督作品(原監督推薦作品)「愛と、生きる」
一般公募作品
海外作品
シューレ大学作品
※最終日の30日には原一男監督の講演会を予定。また各回終了後に制作者のトークセッションがあります。


日 時  8月28日(金)~ 30日(日)
会 場  シューレ大学特設シアター(東京都新宿区若松町28-27)
参加費  各回当日1200円 早割1000円
     28日全回共通ウィークデーパス 1500円
     全回共通フリーパス 3000円
定 員  各回50名(全席自由)
主 催  シューレ大学国際映画祭実行委員会

■プログラムなどの詳細、割引のお申し込みはホームページで→http://shureuniv.org/filmfes/
 

2009年前期番組発表会のお知らせ

 投稿者:上智大学B-pro(放送プロデュース  投稿日:2009年 7月31日(金)15時41分50秒
  こんにちは!

上智大学放送プロデュース研究会・B-proです。

私たちB-proの前期番組発表会の日程が決定しましたので告知させていただきます。


2009年度前期番組発表会
『B-pro』

【日時】
2009年8月8日(土)
開場:12:30
開演13:00

【会場】
上智大学四谷キャンパス3号館521教室

【アクセス】
JR中央線四ツ谷駅で下車後、徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線四ツ谷駅で下車後、徒歩5分

毎年恒例B-proの前発の時期がやってきましたね。
今回のB-proはいつもと一味も二味も違います。なぜって、テーマがないんです。
B-proのメンバー一人一人が自由に発想し表現する、言わば無限の創造の場です。常識なんて存在しませんね。
おもいっきりふざけて、暴れて、泣ける?かも。

個性的なプロデューサーを中心に、パンフレットやポスター等の広告、映像作品、自作曲に映像をのせたPV、大がかりなバラエティ、細部にこだわったドラマ等、来てくれたら必ず楽しめます。また、恒例の会場企画も今回は某アイドルグループの生ライブやらミスビープロコンテスト等例年以上の盛り上がりをみせること間違いなしです!!!

是非、みなさまお誘い合わせの上、上智大学へお越しください!


更に詳しい情報はhttp://bpro.ifdef.jp/09bee-pro.htmlにてどうぞ。
疑問・質問はy.yoshizawa326☆gmail.comにお願いします_(._.)_
お手数ですが☆を@に変えてください。

それでは失礼します。貴重なスペース誠にありがとうございました。


上智大学B-pro(放送プロデュース研究会)
吉澤容子
http://bpro/ifdef.jp/
 

ぴあフィルムフェスティバルに向けて

 投稿者:KoKodokoメール  投稿日:2009年 7月25日(土)22時08分17秒
  ココドコは映画に表現媒体を定め活動している団体です。団員は大学の枠に捕らわれずに、各方面から集まっています。

今回ココドコでは、同年代を中心に、映画を撮りたいという想いがある人全てを対象に、同じ一つの作品を作り上げていくというプロジェクトを立ち上げます。

普段のサークル活動で培った知識や技術を、共有し、より高めて行く。そこで表現の新たな可能性と幅を広げて行きたいと思っています。
もちろん初めて参加する人や経験がない全くの素人でも、意欲さえあれば大歓迎です。

また、今回の作品は役者も色々な方面の方々を迎えたいと考えています。映画に出たい、または興味がある、芝居畑の人は特に歓迎です。

今回の作品は完全しだいぴあフィルムフェスティバルに出展する予定です。 今回はぴあフィルムフェスティバル出展のための映画『世界の両端の厚さ』のスタッフとキャストを8月6日まで募集します。
・作品概要
 「世界の両端の厚さってどれくらいか知ってる?」僕らはトタン1枚しか無いくらいの薄い壁の両端にいながら、その心の距離は日本とブラジル、世界の両端の厚さほどもある。僕(倉田)が彼女(稲見)にブラジルに住んでいるとウソをついてから数週間。まだウソはバレていない。でもウソが嫌いな彼女は、きっと僕が隣に住んでいると知ったら幻滅するだろう。どうしても居場所がほしかった…きっかけは新しく引っ越した部屋にあったブラジルの像と、アパート「想いの丈」に纏わる噂。僕たちはそれによって様々な人々に出会う。ブラジルで夢敗れ、信じることをやめた隣人、人生の意味を残したい老人。そして僕らはいつの間にか、それぞれのかけがえのない居場所になっていく。しかし、線香花火が大きくなれば、より美しく光るが残酷なほど早く終わるように、居場所は永遠には続かない…

・スタッフ募集要項(特にカメラ、音響、舞台美術、制作進行を募集しています)
映画製作に興味がある人
みんなで映画を作り上げたい人
機材等に興味が無くても事務などで映画に携わってくれる方を募集
等 自主映画に興味のある方をお待ちしています。

・役者募集要項(特に高木、守屋、鈴木、長谷川を募集しています)
倉田啓一 (22)
生きる意味を見失っている若者。自分の居場所を誰も自分を知らないブラジルのような遠い所に求めている
稲見遙(22)
自分を見失っている女の子。変わり者だが自覚しているだけに周りと上手くやろうとしているうちに自分がどんな人間かわからなくなってしまった。
高木祐子(22)
物語のキーパーソン。世界の両端の厚さによってボランティア中に亡くなる。鈴木の元彼女
守屋幸道 (50~)
高木と鈴木の恋愛を過去助けていた人物。今は同じ境遇である、倉田と稲見を助けているが、それは後悔の念があるため。
鈴木哲平 (29)
ボランティアによって、生きる居場所を見つけていたが、それが高木の死によって裏切られる。それ以降、目に見えるルールや金しか信じなくなる。しかし、四年がたち、もう一度人や居場所を信じたいと思っている。
長谷川愛
ネットで男に捨てられてから、信頼や愛情を信じなくなった。なので稲見が倉田とネットで付き合うのを危険視している。ネットが趣味

・撮影期間
スタッフは8月6日から、役者は8月20日から練習、9月14日から24日まで本番撮影を予定しています。(尺は約100分を予定しています)
・撮影場所
主に都内
・ギャラについて
自主映画作品という事もあり、お支払い出来ません。ご了承ください。
もし興味 がありましたら
  1.お名前
 2.年齢
 3.性別
 4.簡単なプロフィール
 を記載の上『mario69netno1@hotmail.co.jp』までメールをお願い致します。

・8月2・6日に説明会を予定しています。希望者が多ければオーディションとなることもあるのでご了承下さい。

最後にYouTube(http://www.youtube.com/watch?v=LFKBFyZxVp8)において動画を公開しています。そちらも参考に宜しければどうぞ。


  KoKodokoHP
 http://kokodoko.yomibitoshirazu.com/

http://kokodoko.yomibitoshirazu.com/

 

映画イベント開催のご案内

 投稿者:後 皓介メール  投稿日:2009年 7月21日(火)21時48分31秒
  はじめまして、東京大学情報学環産学連携コンテンツ創造科学教育プログラムにて、映画製作をしておりました、後 皓介(うしろ こうすけ)と申します。

 このたび、映画製作のために組成された、産学共同映像研究所LLPでは、映画作りをされている学生の方々へむけたシンポジウムを開催することになりました。

 われわれは、プロデューサになることを目的として、佐賀県唐津市より出資いただき製作した映画、「Blue Symphony」の完成、東京国際映画祭への作品招待および映画館での上映へとこぎつけました。
 この映画は、学生と指導教官として現職の映画プロデューサ・公野 勉(くの つとむ)さんを向かえ、製作いたしました。
 スタッフは学生のみで、楽曲や著作権などの交渉、撮影やその外注など、商業ベースでの映画作りで経験するもろもろのことを経験してまいりました。

 そういった商業ベースでの映画作りでのエピソードや映画完成までの流れについて、また、公野 勉さんに商業映画についてご講演いただく予定です。

 映画をより多くの人々に見てもらいたい方、映画作りにご興味のある方、プロデューサという職業にご興味のある方、どうぞ奮ってご参加ください。


開催日 8月1日 8日(両日ともに土曜日)

18:00開演
・映画製作に携わった学生による発表
・映画製作者による講演

講師 (都合により変更になる場合があります。予めご了承ください)
公野 勉(くの つとむ)
日本大学卒業後、93年円谷プロダクション入社。
95年東北新社へ移籍。
99年ギャガ・コミュニケーションズへ移籍。
02年日活へ移籍。
06年、日活役員を退任後、GDHへ移籍。
現在、タカラトミー在籍。

代表作
「鮫肌男と桃尻女」 「バトル・ロワイアルⅡ鎮魂歌」 「八月のかりゆし」 「ユメ十夜」など。

ご参加可能人数に限りがございますので、当メールに
・参加者名
・参加人数
・参加希望日
をご返信いただきますよう、よろしくお願いいたします。改めまして、こちらからご案内のメールを差し上げます。

なお、応募者多数の場合は先着順とさせて頂きますので、予めご了承ください。

後 皓介(うしろ こうすけ)
 

締め切り延長しました】第10回TAMA NEW WAVE応募開始のお知らせ

 投稿者:TAMA映画フォーラムメール  投稿日:2009年 7月20日(月)12時29分6秒
  突然の書き込みで失礼いたします。TAMA映画フォーラムです。

以前も告知させて頂いた、下記TAMA NEW WAVE作品募集について、
好評につき締め切りを延長しました!

☆応募締め切り      8月7日(金)必着
          (お早めにご応募ください)
※詳しくは、http://www.tamaeiga.org/ をご覧ください。

締め切りに間に合わず諦めていた方も、まだ間に合います。
皆様の沢山のご応募を心待ちにしております!
 

映画館で演劇体験!

 投稿者:ソニーLivespireメール  投稿日:2009年 7月 9日(木)15時48分9秒
  突然の書き込み失礼いたします。
不適切であれば削除をお願いいたします。

============================
Livespire『すべての風景の中にあなたがいます』
Livespire『光の帝国』(上演:演劇集団キャラメルボックス)
 映画館上映のご案内
=============================

★☆ 映画館で演劇体験!!【各作品一律 1,000円】☆★

演劇集団キャラメルボックスの2009年上演の短編演劇2作品が、生の舞台では見ることの難しい役者の細やかな表情や息づかいまでとらえた新たな映像エンタテインメント作品として大スクリーンでお楽しみいただけます。

映画館で演劇体験はいかがでしょうか。

■上映作品
 ◇Livespire『すべての風景の中にあなたがいます』(上演:演劇集団キャラメルボックス)
 原作:梶尾真治の『未来のおもいで』。

◇Livespire『光の帝国』(上演:演劇集団キャラメルボックス)
 原作:恩田陸の短編集『光の帝国』所収『大きな引き出し』。

■上映館情報
 銀座・丸の内TOEI② 7.18(土)~8.7(金)
 http://theaters.toei.co.jp/theaters/marunouchi2/

 新宿ピカデリー   8.29(土)~9.4(金)
 http://www.shinjukupiccadilly.com/

■鑑賞料金  各作品 一律 1,000円(税込)

■公式サイト
 http://www.livespire.jp/half-time-theater/index.html

◇演劇集団キャラメルボックス上演時のサイト
http://www.caramelbox.com/stage/halftime2009/index.html

http://www.livespire.jp/half-time-theater/index.html

 

月曜ロードショー

 投稿者:tueメール  投稿日:2009年 7月 8日(水)07時52分50秒
  はじめまして。
福岡で短編映画上映会の企画をしている者です。
今現在形式など、
何も決定していませんが、
もし興味ありましたら、
Yahoo!ブログ - 月曜ロードショー
こちらをチェックしてください。

いきなりのメッセージ失礼しました。

http://blogs.yahoo.co.jp/meltdrum/MYBLOG/yblog.html

 

(無題)

 投稿者:しいし  投稿日:2009年 7月 3日(金)02時46分58秒
  24時間映画祭の詳細を更新。
いいですか 7月4日の14:45にE735(部室)前に集合ですよ。
ぼかぁ幸せだなぁ
 

(無題)

 投稿者:シンボリー  投稿日:2009年 6月29日(月)23時11分50秒
  サンクスる!
フォントの大きさがグッド!!
でかくて目立っていいと思います。
 

レンタル掲示板
/21