teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Short Film Images 出展者募集!!!

 投稿者:The Artcomplex Center ofメール  投稿日:2011年 5月27日(金)14時56分4秒
  Short Film Imagesとは実写、アニメーション、CGなど多様性に富んでいる「映像」を、アート作品として上映することを目的とした展示(上映会)です。
テーマは 自由。アート作品としての映像を、他ジャンルの映像作品と共に一つのスクリーンで上映してみませんか。そして、映像作家の皆さまの交流の場にしていただけたらと思います。

詳細はこちら↓
http://www.gallerycomplex.com/c/sfi/index.html

<展示期間>
2011.7.19(火)-7.31(日) 約2週間 ※月曜休館日
11:00-20:00 (最終日は18:00まで)
入場無料

<会場>
The Artcomplex Center of Tokyo (ACT) 2F ACT4
〒160-0015 東京都新宿区大京町12-9

<作品規定>
・ジャンル不問。
・15分以内に収まる作品であること。
・作品内に作品タイトルと作家名を入れてください。
・メディア形式は、DVDで再生できる状態であること。
※簡単な事前審査がございます。

<出展料>
1作品 ¥10,000- (DM代、施設設備費込み)

<お申込み締切日>
2011.6.12(日)までにお申込みください。

◆お問い合わせ◆
「Short Film Images」に関するお問い合わせはお電話、メールにて受け付けております。
TEL/FAX: 03-3341-3253
Mail: info@gallerycomplex.com
担当:山下

アートとしての映像作品をお待ちしております!!!

http://www.gallerycomplex.com/c/sfi/index.html

 
 

定時制高校を記録した映画「月あかりの下で」一周年企画のご案内

 投稿者:グループ現代 猿田メール  投稿日:2011年 4月18日(月)20時35分13秒
  突然の書き込み失礼いたします。
映像制作会社グループ現代の猿田と申します。
下記の通りご案内させていただきますので、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

猿田

※※※ 転 送 ・ 転 載 歓 迎  ※※※

~定時制高校を記録したドキュメンタリー映画
『月あかりの下で』一周年記念イベントのご案内 ~
http://tsuki-akari.com/

2007年にNNNドキュメントで放送され話題を呼んだ定時制高校の
記録を、追加撮影・再編集を経て制作されたドキュメンタリー映画
「月あかりの下で」を知っていますか?

この作品は、ベテランではない女性フリーディレクターが、
4年に渡り夜間定時制高校に寄り添い、撮り続けた記録です。
揺れるカメラ、プロでは撮らない構図、、、にも関わらず、
映画評論家、新聞記者、映画制作を目指す若者…などから、
多くの支持を得、2010年度の受賞は7つにまでなりました。

このたび、2010年春の映画完成から一周年を記念して、地元浦和にて
映画に登場の卒業生を中心とした太鼓集団とともに、イベントを
開催いたしますのでご案内させていただきます。

この機会にお誘いあわせの上、ご鑑賞いただけましたら幸いです!

【受賞歴】
◎ 平成22年度 文化庁映画賞   <文化記録映画優秀賞>
◎ 2010年度 日本映画ペンクラブ <文化映画部門 第1位>
◎ 第35回 日本カトリック映画賞
◎ 2010年 第84回キネマ旬報ベスト・テン <文化映画 第2位>
◎ 第28回 日本映画復興賞 <日本映画復興 奨励賞>
◎ 第16回 平和・協同ジャーナリスト基金賞 <荒井なみ子賞>
◎ あいち国際女性映画祭 <愛知県興行協会賞>

ぜひともこの機会に、お誘いあわせのうえご鑑賞いただけましたら幸いです!

-----------------------------------------------------------------

『月あかりの下で』完成一周年記念企画
~ ≪映画の時間と響の太鼓≫ 概要 ~


【日程】2011年4月23日(土)

【会場】埼玉会館 小ホール(さいたま市浦和区高砂3-1-4)

【スケジュール】
◎第一部:14:00開演(映画+トーク)
※ゲスト:太田直子さん・平野先生・田野稔さん

◎第二部:18:00開演(太鼓集団「響」公演)
※ゲスト:みかぐら結衣/桶川グループ

【料金】
<前売>第一部(映画+トーク)1200円/第二部(太鼓のみ)1200円/共通券1800円
<当日>第一部(映画+トーク)1500円/第二部(太鼓のみ)1500円/共通券なし
(座席を使用しないお子さま:無料)

※チケット取り扱い
(バラ・共通券)→●響組:070-5010-2417  ●グループ現代:03-3341-2863
(共通券のみ) →●ぴあ:Pコード=557-545/埼玉会館:窓口

【主催】 響組・グループ現代 共催

【連絡先】グループ現代:03-3341-2863(猿田)、yus@g-gendai.co.jp

※太鼓集団「響」=映画の舞台浦商定時制の太鼓同好会を
前身とする卒業生中心の太鼓集団

※イベントでは、東日本大震災チャリティをあわせます。
方法・詳細については実行委員会で協議中です。

※※※ 転 送 ・ 転 載 歓 迎  ※※※
 

小坂本町一丁目映画祭vol.9

 投稿者:M.I.F.  投稿日:2011年 1月26日(水)02時46分0秒
  書き込み失礼します。
我々は、愛知県豊田市を中心に西三河地域で活動するM.I.F.(ミフ)という団体です。
告知をさせてください。

全国から応募された自主製作映画を上映する小坂本町一丁目映画祭vol.9を開催いたします。
この映画祭は、コンテストではなく、交流をコンセプトにしています。
幅広いジャンルの作品を上映し、全上映作の監督も来場予定です。
また、映画上映の他にも、サブ会場で行う映像製作の体験コーナーや
おやつの無料配布なども行う楽しいイベントです。
ぜひ、お越しください!


「小坂本町一丁目映画祭vol.9」
日時:2011年2月20日(日) 開場10:00 開演10:30 終演予定17:20(入退場自由)
場所:豊田産業文化センター メイン会場:小ホール サブ会場:多目的ホール
   豊田市小坂本町1-25 TEL0565-33-1531 名鉄豊田市駅・愛知環状鉄道新豊田駅から徒歩5分
   駐車場3時間無料(豊田市街地フリーパーキング加盟Pならどこでも3時間無料です)
入場料:当日500円 前売400円 (全席自由 小学生以下無料)
後援:豊田市 豊田市教育委員会 (財)豊田市文化振興財団
主催:M.I.F.(Mikawa Independent movie Factory)

また、映画祭の後には、誰でも参加できる「こざほん交流会」を開催します。映画祭上映作品監督も参加します。
映画祭・交流会の詳細は、以下のサイトをご確認ください。

M.I.F.サイト → http://mif.jpn.org/web/
小坂本町一丁目映画祭vol.9サイト → http://kozahon1.jpn.org/ff/09/


管理人様、貴重なスペースありがとうございました。
 

上映会のお知らせ

 投稿者:東京家政大学映画研究会  投稿日:2010年12月 6日(月)22時23分6秒
  こんにちは。書き込み失礼いたします。
東京家政大学映画研究会映画研究会です。

私たちは主に、映画観賞を軸とした活動を行っているのですが、この度「cinecafe soto」というお店に協力していただき、上映会を行うことになりました。
映画に興味のある同世代の方々にも、是非見に来ていただきたいとの思いから、ご連絡させていただきました。

**********************


東京家政大学映画研究会主催第一回上映会

上映作品…不思議惑星キン・ザ・ザ(ロシア/1986年/135分)
日時…12月12日(日)
開場…15:00
開演…15:30
料金…事前予約:学生800円 大人1300円/当日:学生1000円 大人1400円
場所…cinecafe soto(JR十条駅徒歩1分)

作品説明…ソ連時代に作成された摩訶不思議なSFコメディ映画。アバンギャルドなデザインと、そののどかさとのギャップが楽しく、音楽もシュール。アメリカ諸国等、資本主義国とはとこか感覚だことなる世界観の味わいに満ちた作品。


※cinecafe sotoは、JR十条駅(池袋からJR埼京線2駅)北口ロータリーにあるRAG(美容室)と不二家の間の階段を降りた場所にあります。35mm映写機があり、定期的に上映会も行っているお店です。当日は上映作品のパンフレットも販売する予定です。


事前予約をしていただけると、料金も安く観賞することができます!!予約は下記連絡先まで電話、もしくはメールにてお名前、ご連絡先、人数をお知らせください。

"cinecafe soto" シネカフェ・ソト
電話 / FAX:03-3905-1566
MAIL:cinecafesoto@gmail.com
(お店のHPもあります→http://www.cinecafesoto.com/)

**********************

東京家政大学映画研究会一同、お待ちしております!!
 

学生バカデミー映画祭!!

 投稿者:学生バカデミー制作委員会運営事メール  投稿日:2010年11月24日(水)17時35分26秒
  こんにちは。

こちら、大阪で学生バカデミー映画祭を主催させて頂きます

学生バカデミー制作委員会運営事務局の白川と申します。

「学生の学生による学生の為の映画の祭典を開催いたします」と言った書き込み(BBS)等やメールを多数の映画研究会、映画サークル様にご連絡いたしました。

その件に関しましてお返事頂いた方や、お問い合わ頂いた方、すでに動画を送って頂いた方に延期のお知らせとお詫びを申し上げます。

今回、学生バカデミー映画祭を開催するにあたりまして、動画の応募が当局の定める規定数を満たしていない為に

応募締め切りを10月末ではなく、来年の【一月二十日】に延期し、映画祭の開催を【二月】に決行する事になりました。

当初お伝えしました締め切りの10月末に向けて動画の準備をなさっておられた方及び、関係者の皆様方へ大変御迷惑をおかけしました事を深くお詫び申し上げます。


今年、日本全国の各地方で幾つもの映画祭が開催されていたかと存じます。

その映画祭に応募し、惜しくも入賞できなかった応募者様もおられるかと思います。

が、入賞できなかった方も同じ動画での再チャレンジが可能となっております。

規定数に満たしていない今、賞金を獲得できる絶好のチャンスです!!

☆賞金内容☆

*賞金総額*【100万円】!!!


*【爆笑部門】*【感動部門】*

*各部門でのグランプリ*!【30万円】!!!

*各部門での優秀賞*【10万円】!!!

*各部門での準優秀賞*【5万円】!!!

*審査員特別賞*【10万円】!!!

になります!



グランプリや優秀賞などといった賞金総100万円の映画の祭典になっております。



爆笑部門と感動部門の2つに分かれておりまして、身近にある携帯電話やデジカメ等で撮影された物の応募も可能となっております。

又、当日は学生だけではなく多数の企業も参加予定しており、この機会を通し学生と企業の架け橋になればと思うと共に、
映画祭を通じ全国の学生のネットワークの拠点にしたいと思っております。

詳しい詳細は下記のURLをクリックして頂けたらと存じます。

     http://bakademy.com/

同時にブログの方も日々更新しておりますので、参考がてらに見て頂きたいと思っております。

http://ameblo.jp/ryu-rc/

貴重なスペース有難うございます。

http://bakademy.com/

 

【映画祭】新人映画監督コンペティション第11回TAMA NEW WAVE開催!!【審査員募集中】

 投稿者:TAMA映画フォーラム実行委員会  投稿日:2010年11月15日(月)21時12分34秒
  第20回映画祭TAMA CINEMA FORUMにて
新人映画監督コンペティション第11回TAMA NEW WAVEを開催いたします。

今年は応募総数91作品の中からノミネートに残った6作品を一挙上映いたします。
若手作家に関心のある方・新しい才能に出会いたい方は、この機会に是非ご覧ください。

当日全作品を鑑賞し、グランプリ作品に投票出来る一般審査員も
現在大募集中です。奮ってご参加ください。


------------------------------------------------------------

■□■プログラム紹介■□■


TAMA NEW WAVEは30分以上100分以下の作品からなる国内でも珍しい中・長編コンペ。
過去に深川栄洋監督(『半分の月がのぼる』『60歳のラブレター』)
今泉力哉監督(『たまの映画』)も選ばれたグランプリに輝くのはどの作品か。
『人間失格』『赤目四十八瀧心中未遂』の荒戸源次郎監督を迎えたトークにも注目です。



【日時】2010年11月21日(日)
【会場】ヴィータホール (京王線聖蹟桜ヶ丘駅より徒歩2分。)
【料金】大人(中学生以上) 前売:1,000円 当日:1,300円
         子供(4歳~小学生) 前売:800円 当日:900円
【チケット】チケットぴあ(Pコード:557-170) ローソンチケット(Lコード:33669)



10:30-11:29 焦げ女、嗤う [54分/監督:瀬川浩志]
11:35-13:03 ノラ [83分/監督:大庭功睦]
13:50-14:56 人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女 [61分/監督:加藤行宏]
15:05-15:45 溺溺 [35分/監督:布施直輔]
15:50-17:05 輝け、背骨 [70分/監督:矢作康在]
17:15-18:53 未来の記録 [93分/監督:岸建太朗]
19:10-19:50 ゲストコメンテーターVS監督
 コメンテーター:荒戸源次郎監督
20:10-20:30 授賞式


ノミネート作品詳細はこちら
http://www.tamaeiga.org/modules/tinyd1/rewrite/20th/4-21.html

予告編情報はこちら
http://www.tamaeiga.org/modules/tinyd2/

------------------------------------------------------------

■□■TAMA NEW WAVE 一般審査員50名大募集!!■□■


TAMA NEW WAVEグランプリは事前に行われた実行委員の審査と
当日の一般審査員票との合計で決定します。

日本映画界に新風を送り込む新しい才能の発掘にあなたも立ち会いませんか?

【 募 集 要 項 】

●応募資格:当日、全ノミネート作品を鑑賞し審査できること

●応募方法:Eメールまたは公式HP審査員応募フォームから応募のこと。
      住所、氏名、連絡先(電話番号、及びE-mail)
      自己PR(どんな映画を見ているか等)を添えて応募ください。

      E-mail: nw_judge_subscribe@tamaeiga.org
     (メール件名は「審査員応募」とご記入下さい)

●応募特典:
1.審査日当日の入場を無料とし映画祭のパンフレットをプレゼント致します。

2.11/20(土)の第2、3部及び11/22(月)、11/23(火・祝)の
  ヴィータホールのプログラムに無料でご招待

3.11/22(月)、11/25(木)、11/26(金)に開催される
  「TAMA NEW WAVEある視点」(会場:ベルブホール)に無料ご招待

●応募締め切り:11月18日(木)まで


こちらもどうぞ宜しくお願いします。


<第20回映画祭TAMA CINEMA FORUM>

2010年11月20日(土)から11月28日(日)の8日間(11月24日(水)は休映)
東京都多摩市内4会場に監督・俳優ら多数のゲストを迎えて78作品を上映いたします。
エンターテインメントからドキュメンタリーまで幅広いプログラムをご用意しておりますので
コチラもご注目ください。

映画祭情報・プログラム詳細は公式サイトをご覧ください。
http://www.tamaeiga.org/

http://www.tamaeiga.org

 

作品募集

 投稿者:第23回東京学生映画祭メール  投稿日:2010年10月30日(土)18時13分28秒
  突然の書き込みを失礼いたします。東京学生映画祭企画委員会です。

東京学生映画祭は関東最大規模の学生映画コンペティションです。企画・運営からすべて学生の手で行われ、長い歴史の中で、映画界の第一線で活躍するプロの映画監督を数多く輩出してきました。学生映画、ひいては日本の映画産業そのものの活性化につながる働きができるよう頑張っております。

ただいま、第23回を迎える東京学生映画祭開催に向け、実写部門、アニメ部門共に映像作品を募集しています。

≪参加要項≫

①学生の映像制作団体、もしくは映像制作者であること。これには個人、そしてプロとしての活動経験のない大学院生・専門学生の方も含まれます。

②すべてのジャンルの映像作品を対象とします(実写、アニメ部門は区別)。時間規定もございません。

③参加エントリーをすれば何作品でも応募可能です。

④団体5000円、個人2000円のエントリー費が必要となります。

⑤参加者・参加団体の方には映画祭予選での審査員の選出をお願いしております。また、活動報告のため、定例会への参加も呼びかけています。

≪締め切り≫

作品募集期間は、10月10日より下記の通りです。

①郵送での締め切り:1月23日(日)

②定例会での締め切り:1月30日(日)


----------------------------------

本映画祭に少しでも興味のある大学生は企画委員にお声かけ頂くか、
tougakusai@gmail.comにご連絡ください。

なお、本委員会が所有する参加者の個人情報は東学祭の活動のみに活用し、いかなる場合も企画委員以外の人間には提供いたしません。


-----問い合わせ-----

東京学生映画祭アドレス
tougakusai@gmail.com

第23回東京学生映画祭公式サイト
http://www.tougakusai.com/index.html
 

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2010 作品募集中!

 投稿者:ショートショート実行委員会メール  投稿日:2010年10月21日(木)20時05分33秒
  アカデミー賞公認、アジア最大級の短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジアでは2011年の映画祭に向けて作品を大募集しています!部門はジャパン部門、NEO JAPAN、旅シヨーット!プロジェクト、ストップ!温暖化部門と多彩にわたります。皆様の力作お待ちしております。

1. 国内応募(ジャパン部門/NEO JAPAN)

■ ジャパン部門(公式コンペティション)
応募作品の中から、ジャパンプレミア(日本初上映作品)に該当する作品より選考されます。当映画祭のオフィシャル部門には、ジャパン(日本作品)、アジアインターナショナル、インターナショナル(アジア以外の海外の品)3つの部門において、賞を設けています。グランプリは、各部門の優秀賞を受賞した3作品の中から選出され、グランプリ受賞作品は、次年度米国アカデミー賞短編部門ノミネート候補作品となります。

■ NEO JAPAN (非コンペティション)
プレミア規定を問わず、すべての応募作品から選考されます。NEO JAPANでは公式コンペティションとは別に、特別賞を設定する予定です。

応募期間:
1) 2010年8月1日以前に完成された作品: 2010年8月1日(日)~2010年12月1日(水)
※ ただし、前年度にご応募いただいた作品は応募いただけません。

2) 2010年8月1日以降に完成された作品:2010年8月1日(日)~2011年2月1日(火)
※締切前に選定が確定する可能性があることを予めご了承ください。なお、
確定以降にご応募いただいた作品に関しては次年度の選考対象となります

※共に、締め切りは当日消印有効です。


2. ストップ!温暖化部門

世界規模での深刻な問題になっている地球温暖化をテーマとする本部門では、チャレンジ25(環境省)と連携し、地球温暖化やその対策をテーマに、世界各国からの優秀なショートフィルムを募集いたします。作品を観た観客の方々の心に“環境を守ろうという火”を灯す。そんなショートフィルムを待っています。

△ 「地球温暖化」やその対策をメインテーマであること
△  25分以下(エンドクレジット含む総尺)
△  ジャパンプレミア・制作年は問いません
△  応募締切:2010年12月1日(水)消印有効


3. 旅シヨーット!プロジェクト
「旅っていいな」、「旅がしたくなった」、「日本に行きたくなるね」をキーワードに、「日本の旅」、「日本の魅力(全国各地対象)」を描写する作品を大募集!日本の各地の魅力をあなたの映像で届けよう!

△ 「日本各地の魅力」を描写する作品
△ 日本国内で撮影された作品に限る(制作者の年齢・国籍は問わず)
△ 20分以下(エンドクレジット含む総尺)
△ ジャパンプレミア・制作年は問いません
△ 応募締切: 2010年12月1日(水)消印有効

応募方法に関しては公式HPをご覧ください。
http://www.shortshorts.org/2011_call_for_entry/

問い合わせ:03-5474-8844、submission@shortshorts.org まで

※管理人様、不適切であれば、お手数ですが削除願います。
 

上映企画のご案内2

 投稿者:法政大学映画団体協議会  投稿日:2010年10月 9日(土)14時47分59秒
  星空活動大写真館
連続の書き込みで失礼します。
我々、法政大学映画団体協議会は第63回自主法政祭にて屋外上映を行います。
以下に企画概要をお知らせ致します。

屋外特大スクリーンで観るアニメーション。

共に笑い、共に叫びながら映画を楽しみませんか?

●企画日時・作品
 11月1日20:00開始(20:55終了) 『ひみつのアッコちゃん』(※雨天時:19:00開始)
 11月2日19:00開始(20:30終了) 『キャプテン翼』

●企画場所
法政大学市ヶ谷キャンパス 中央広場野外ステージ
(※雨天時 58年館校舎 3階 835教室)

Mail;eidankyo2010@gmail.com

http://www.geocities.jp/eidankyo_2006/

 

上映企画のご案内

 投稿者:法政大学映画団体協議会  投稿日:2010年10月 9日(土)14時46分52秒
  こんにちは、法政大学映画団体協議会です。
この場を借りて、学園祭で行う企画の宣伝をさせて頂きたいと思います。
事前予約できますので、是非ご参加ください。
11月1日、同2日に法政大学で上映企画を行います。

○11月1日 『クロード・シャブロル追悼特集』
ヌーベルバーグを代表する一人クロード・シャブロルが9月にこの世を去りました。本追悼企画では
日本でのソフト化がされていない作品も上映されます。
時間:12:30/13:00(開場/開始)
場所:法政大学市ヶ谷キャンパスステラビアホール(17時終了予定)

○11月2日 『アリス特集』
アリス作品を2本上映し、作家・山崎ナオコーラ氏と翻訳家・金原瑞人氏をゲストに招き、
二人の異なる観点から「アリス」を語る。
時間:11:30/12:30(開場/開始)
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス6階○○ホール(18時終了予定)
※両企画とも多くの参加者が予想されますのでメールによる事前予約を受け付けております。
参加ご希望の方はdaycinema2010@gmail.comまでに

件名“「企画名」の予約”

本文“①お名前②ご連絡先”

以上を明記し、お送りください。メール受信が確認出来次第、こちらからご返信させていただきます。
※またお一人様で複数席をご予約される場合は、参加者全員のお名前、連絡先を明記してください。
※規定人数に達し次第、予約を締め切らせていただきますが、当日来場者様用の席もご用意しており
ます。

何かご不明な点がございましたら上記のアドレスまでご連絡ください。
皆様のご来場を心よりお待ちしています。
映団協ホームページ
http://www.geocities.jp/eidankyo_2006/

http://www.geocities.jp/eidankyo_2006/

 

レンタル掲示板
/21