teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


映像製作者募集!3D作品を作ってみませんか?

 投稿者:アイ・ヴィー・シー 布施メール  投稿日:2010年 9月 3日(金)10時40分13秒
  こんにちは。
私、株式会社アイ・ヴィー・シーの布施と申します。


株式会社アイ・ヴィー・シーは映画評論家の故・淀川長治氏の指導の元、
世界の様々な優れた映画、ドキュメンタリー等映像作品を日本市場に向けて
VHS、DVD化し発売してまいりました。

この度、弊社はフルハイビジョン3D映像製作にチャレンジするべく
準備をすすめております。

8月にパナソニックから3D専用カメラが発売されるにあたり、
来年2011年より3D映像作品のブルーレイディスクの発売を開始いたします。


そこで、3D映像作品の製作に興味のある大学生・専門学生を対象に製作者を募集中です!


過去に製作された映像作品と脚本、もしくは企画書をお送り頂き、こちらで選考いたします。優秀者には3D作品製作費として100万円の資金を提供し、3Dカメラ等機材(要返却)を貸与いたします。


=================================================================
【募集要項】
●優秀者あるいは優秀団体には最低1作品を製作していただきます。

●優秀者あるいは優秀団体に作品製作費として100万円を差し上げます。

●パナソニック3Dカメラ、確認用3Dモニター、3Dメガネ、
編集ソフト、バッテリーはこちらから貸出致します。製作終了後にご返却いただきます。

●製作される作品ジャンルは問いません。

●製作される作品は最低1作品以上、合計で60分以上とさせていただきます。
作品の本数は問いません。
 (ex. 10分の作品を6本、5分の作品を12本 など)

●撮影に入る前に予めこちらから3D機材、撮影における注意点を
レクチャーさせて頂きます。

●合格者には作品の撮影前に具体的な撮影シーンの打ち合わせをさせて頂きますので、
予め絵コンテ等をご用意ください。


撮影された映像はすべて、株式会社アイ・ヴィー・シーがすべて権利を保有いたします。
撮影された素材は、後にブルーレイディスクによるソフト化、上映、放送等で使用する予定です。

=================================================================
【応募条件】

●過去にご自身が製作された映像作品(DVDフォーマット)、3Dで撮ってみたい脚本・企画のどれかをお送りください。作品、企画書等は返却いたしませんのでご了承ください。

●応募は関東近郊の大学・専門学校に通う学生に限らせて頂きます

●作品のジャンルは問いません

=================================================================

【募集期間】
第1回締切 2010年10月1日
1次審査10月初旬(書類、映像選考)
2次審査11月初旬(面接)
決定11月中旬

第2回締切 2010年12月1日
1次審査12月初旬(書類、映像選考)
2次審査2011年1月初旬(面接)
決定1月中旬

=================================================================
【結果発表】

結果発表は当社ホームページ上でお知らせ致します。
http://www.ivc-tokyo.co.jp


作品応募、企画概要で何かご不明な点等ございましたら、
お気軽に担当窓口までご連絡ください。


=================================================================

株式会社アイ・ヴィー・シー
企画制作部 ディレクター 布施(ふせ)
fuse@ivc-tokyo.co.jp


株式会社アイ・ヴィー・シー
URL: http://www.ivc-tokyo.co.jp

=================================================================
応募先 は下記住所まで!

〒107-0061
東京都港区北青山3-5-21 加藤ビル4F
株式会社アイ・ヴィー・シー 3D映像製作チーム 宛

http://www.ivc-tokyo.co.jp/

 
 

ー家族を壊したいー ドキュメンタリー映画「アヒルの子」9/4~アンコール上映

 投稿者:山森亜沙美メール  投稿日:2010年 8月25日(水)04時46分52秒
  管理人様


突然の書き込み、失礼いたします。
貴重なスペースをお借りいたします。
不適切と判断された場合は、削除いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今年5月にポレポレ東中野に上映され、ご好評いただきましたドキュメンタリー映画「アヒルの子」、
9/4(土)~9/17(金)渋谷UPLINKで2週間限定のアンコール上映をいたします。

9/4(土)~9/10(金)  →11:00~ / 17:00~
9/14(土)~9/17(金) →11:00~ / 18:30~


*当日一般 ¥1200
 学生   ¥1200(平日学割¥1000)
 シニア  ¥1000

*リピーター割引あり
渋谷アップリンクだけでなく、他の劇場でも「『アヒルの子』」を観た」と窓口で申告すると1000円でご鑑賞いただけます。

*特別鑑賞券(¥1000・当日精算)も配布中
渋谷界隈の飲食店・映画館・ギャラリーなどに配布しております。



■■ ストーリー ■■


「家族」の中での「いい子」の「私」。
「私」は「わたし」を取り戻すために「家族」を壊す決意をした。

家族を離れ、東京で一人暮らしをしながら専門学校に通う小野さやかは、自らの内面に巣食う生きがたさに悶え苦しんでいた。
自分には価値がない、誰にも愛されていない、必要とされていない、生きる意味がない……。
その原因は、彼女が5歳の時に家族の下を離れ、ヤマギシ会の幼年部に1年間預けられてきたことから端を発する。
その1年間を彼女は家族から「捨てられた」と思い、二度と捨てられないために「いい子」を演じてきた。
しかし、彼女は「いい子」であり続けてきたことが自分自身を苦しめていることを発見し、自らを解放するため自分の内面を縛り付けている「家族」一人ひとりと対峙する決意をする。
怒り、憎しみ、悲しさ、寂しさーー。
すべての感情を家族にぶつけた彼女が行き着く先とは……。


あいまいな「生きづらさ」と対峙し、現代日本の「家族」の在り方を問い直す
迫真のドキュメンタリーがついに公開!



■■ トークショー詳細決定! ■■


 9/4(土)17:00~の回 月乃光司(「こわれ者の祭典」代表)
 9/6(月)17:00~の回 港岳彦(脚本家「イサク」「結び目」)
 9/8(水)17:00~の回 増田良枝(フリースクール「りんごの木」代表)
 9/9(木)17:00~の回 今泉力哉(映画監督「最低」「微温(ぬるま)」)
9/10(金)17:00~の回 藤岡朝子(山形国際ドキュメンタリー映画祭・ディレクター)
9/12(日)18:30~の回 橘ジュン(フリーペーパー「VOICES」編集長)
9/13(月)18:30~の回 箱崎幸恵(フリーライター、「子ども虐待防止のオレンジリボンネット」管理人)
9/14(火)18:30~の回 小明(アイドル・ライター)
9/16(木)18:30~の回 梁英姫〈ヤン・ヨンヒ〉(映画監督「ディア・ピョンヤン」)

*すべて上映終了後、監督とのトークになります。
*日程等変更の場合は、改めてHP等で告知致しますのでご了承ください。
*12日(日)はトーク終了後、「VOICES」が運営する「cafe MELT」(渋谷・道玄坂)に場所を映して懇談会を開催致します。奮ってご参加ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アヒルの子
http://ahiru-no-ko.com/


渋谷UPLINK
http://www.uplink.co.jp/top.php

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長文、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
監督・スタッフ一同、劇場でお待ちしています。

ご意見・ご質問・チケットについては下記までお願いいたします。


ドキュメンタリー映画「アヒルの子」宣伝
山森亜沙美
(早稲田大学映像製作集団浪人街 所属)
asami_indigo_nav_y@yahoo.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://ahiru-no-ko.com/

 

作品募集のお知らせ

 投稿者:SSOP事務局メール  投稿日:2010年 8月18日(水)16時37分35秒
  ショートショート フィルムフェスティバル & アジア
「ショートショート オンラインプロジェクト」 作品募集中!

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」は米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭です。

2010年開催にて、「ミュージックShort クリエイティブ部門」が誕生し、音楽と映像の融合をテーマに、既存の楽曲よりインスパイアされたショートフィルムを募集いたしましたが、WEB上で展開される映画祭として「ショートショート オンラインプロジェクト」と名前を変更。年間を通した作品の募集、企画などを行っていきます。

今後、レコード会社や企業のプロモーションと連動した募集テーマの追加や、作品について視聴者とクリエイターが意見やアイディアを交換できるコミュ二ティ機能を設けるほか、ユーザーがさらに気軽に多くの作品を楽しめ、クリエイターや音楽アーティストにとって大きなプロモーションの場となる無料版ミュージックShort企画の開始など、さまざまな取り組みを予定しています。

「ショートショート オンラインプロジェクト」の注目企画はこれだ!
★コロムビアミュージックエンタテインメント所属アーティスト「クラムボン」の最新アルバム「2010」の全楽曲を対象にミュージックShort作品を募集し、応募された作品の中からメンバー達自身の審査を通過した1作品がクラムボンのオフィシャルDVDに収録される「クラムボン ミュージックShort プロジェクト」も開催いたします。

★映像制作には手の届かないユーザーが、自分の好きな楽曲にインスパイアされた写真・コメントをtwitterなどから気軽に投稿できる「ミュージックShot!」企画も同時に開始します。

■「ショートショート オンラインプロジェクト」公式Twitter: twitter@ssffonline.jp

■「ショートショート オンラインプロジェクト」公式サイト: http://ssffonline.jp/

■「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」公式サイト: www.shortshorts.org

http://ssffonline.jp

 

小坂本町一丁目映画祭vol.9上映作品募集

 投稿者:M.I.F.(ミフ)  投稿日:2010年 7月22日(木)14時21分24秒
  突然の書き込み失礼いたします。

M.I.F.(ミフ)[Mikawa Independent movie Factory]と申します。
愛知県豊田市を中心とした西三河地区で、自主映画の製作をしている団体です。

自主製作映画を観たことがない方々に、広く作品を観てもらいたいというコンセプトのもと
小さなお子さんから年配の方々まで、300~400人が来場する「小坂本町一丁目映画祭」を
2002年より豊田市内にて年1回のペースで開催しています。


現在、2011年2月開催予定の「小坂本町一丁目映画祭vol.9」にて上映する作品を全国的に募集しています。
私たちの開催する映画祭には権威もネームバリューもありませんが
「たくさんの人に面白い自主映画を観て欲しい」「監督やスタッフ・キャストのみなさんと会って交流したい」
という我々の思いに賛同いただける方、ぜひ作品をご応募下さい!


【募集期間】2019年7月15日(木)~9月15日(水) ※当日消印有効
【作品テーマ】テーマ/題材は自由。ドラマ、ドキュメンタリー、アニメーションなどジャンルも問いません。
 ※今回は通常の募集と合わせて…
  「地元作品」(愛知や豊田に縁のある作品・監督)
  「フレッシャーズ作品」(映像力を補って余りある「気合」「初期衝動」あふれるもの)
  を大歓迎いたしております。
【上映時間】多くの作品を上映したいため、概ね30分以内を歓迎します。
【応募資格】プロ・アマ、個人・グループ、国籍、年齢、性別、職業等は問いません。
 ※映画祭当日に愛知県豊田市まで来ていただける方(交通費等はお出しできません。ご了承下さい)
【応募方法】サイトより応募申込書をダウンロードのうえ作品と一緒にお送りください。
【出品料】 無料。但し応募に関する費用は応募者側にてご負担ください。
【映画祭開催日/会場】2011年2月予定 / 豊田市内の施設(予定)


その他、詳細はサイトにてご確認下さい。
■募集内容に関すること
http://mif.jpn.org/web/other/vol9_bosyu.html
■小坂本町一丁目映画祭サイト
http://kozahon1.jpn.org/ff/
たくさんのご応募心よりお待ちしています。


管理人様、貴重なスペースありがとうございました。
内容が不適切であれば、お手数ですが書き込みの削除をお願いいたします。

http://mif.jpn.org/web/

 

【締切8月6日まで延長!】第11回TAMA NEW WAVE応募開始のお知らせ

 投稿者:TAMA映画フォーラム実行委員会  投稿日:2010年 7月14日(水)20時56分39秒
  突然の書き込みで失礼いたします。

以前告知させて頂きました、下記の作品募集につき
締切を8月6日(金)までに延長させて頂きました!

毎年多数のご応募を頂いている国内屈指の長編作品の
コンペティションになります。腕試しにぜひご応募ください!

■昨年度のグランプリ受賞作品
今泉力哉監督 『最低』
【監督の経歴】
2008年「微温(ぬるま)」が水戸短編映像祭でグランプリ受賞。
TAMA NEW WAVEでグランプリ受賞後、UPLINK、TOLLYWOODなど多くの映画館で
特集上映が組まれている。
現在、『さよなら人類』で有名なバンド<たま>の現在の活動を追った
音楽ドキュメンタリー「たまの映画(仮)」を製作中。自身初の長編映画となる予定。

昨年度受賞作品の詳細は以下をご覧ください。
http://www.tamaeiga.org/modules/tinyd2/rewrite/tc_10.html

*************************************

毎秋、東京都多摩市で開催している映画祭 TAMA CINEMA FORUMは
本年で第20回を迎えますが、その中核をなす若手作家のコンペティション
<TAMA NEW WAVE>も今年で11回目となりました。

ショートフィルム全盛のなか、作家性を十二分に発揮した
30分以上の中・長篇の作品を募集しております。

  ☆グランプリ賞金   20万円
  ☆特別賞賞金      5万円
  ☆応募締め切り      8月6日(金)必着
                    (締切延長しました!お早めにご応募ください)

詳しくは、http://www.tamaeiga.org/modules/tinyd2/ をご覧ください。

TAMA NEW WAVE最新情報はTwitterで!!
https://twitter.com/tcf_nw

皆様の沢山のご応募を心待ちにしております!

*************************************

http://www.tamaeiga.org/modules/tinyd2/

 

(無題)

 投稿者:Aかいし  投稿日:2010年 7月13日(火)07時56分42秒
  こんにちわ。
7/24は川ちゃんパーティーです。
VJ的スパイスとして制作した映像が流れます。
興味ある人はひぐらしの上の年代の人に行きたいといってみて下さい。
1ドリンク3000円也。
 

7月11日「第二回三鷹いのちと平和映画祭」のおしらせ

 投稿者:「911の子どもたちへ」製作委員メール  投稿日:2010年 6月30日(水)12時33分49秒
  突然の書き込み失礼します。不要な場合など、管理人の方、お手数ですが削除をお願いします。

 はじめまして学生ドキュメンタリー映画「911の子どもたちへ」製作委員会と申します。この度、「三鷹いのちと平和映画祭」にて私たちの映画「911の子どもたちへ」が上映されることになりました。是非その告知をさせていただきたく書き込みをさせていただきます。

 この映画は911事件を題材に,2001年9月11日におきた「米国同時多発テロ」とよばれる事件を日本の学生の視点から迫った作品です。ジャーナリストや政治家、911事件の遺族の方々などに取材をし、平和とは?戦争とは?を考える作品になっています。すでに都内で上映され、朝日新聞や産経新聞、東京新聞など多くのメデ ィアに取りあげられた話題作です。



 このたび、下記の日程で上映されますので、是非この機会に足を運んでいただければ幸いです。


「第二回三鷹いのちと平和映画祭」
 2010年7月11日(日) 10:00より 「911の子どもたちへ」上映

 場所:沙羅舎(三鷹駅南口徒歩6分 )
    www.sarasya.com

*この他にも前日10日と合わせて沢山の作品が上映されます。

 問い合わせ先:三鷹いのちと平和カツドウ事務局
        mail : info@sarasya.com
tel: 0422-47-6639



 「911の子どもたちへ」 公式サイト http://911children.com/

http://911children.com/index.html

 

マンダムが主催する、学生CMコンテスト

 投稿者:「GATSBY学生CM大賞2010」事務局メール  投稿日:2010年 6月28日(月)12時25分54秒
  はじめまして。
「GATSBY学生CM大賞2010」事務局です。

突然の書き込みで失礼いたします。
不適切である場合、お手数ですが削除をお願いいたします。

■□■ GATSBY学生CM大賞2010 ■□■
株式会社マンダムが主催する学生のためのCM映像作品コンテストが、今年も日本・韓国・香港・インドネシア 4つの国・地域で開催!
当コンテストでは、日頃、映像制作活動にチャレンジしたい学生の皆様に、その成果を発表する機会を提供することで、創造性豊かな映像クリエイターの発掘・育成を目指しています。

「GATSBY学生CM大賞2010」は、ただいまエントリー受付中です!
※応募作品の受付は、8/31締切です。

公式ホームページ http://k.gatsby.jp/award/(ケータイ・パソコン)


【特徴 ①】
CM映像・映画界の巨匠 特別審査員 大林宣彦監督が参加!
日本を代表する著名クリエイターを選考審査員に招いて、応募された学生の創造性を評価・アドバイスできる環境を整備。さらに本年度は、映画『転校生』や『時をかける少女』、「チャールズ・ブロンソン」を起用し、大ヒットしたマンダムのCMディレクターを務めた大林監督を特別審査員として起用。

【特徴 ②】
新たなCMテーマと幅広い応募部門を設定!
「ギャツビー商品」を題材とした本コンテストは、今年より「ムービングラバー」に加えて新テーマに「ペーパー洗顔」を設定。また昨年度に引き続き、『15秒・30秒CM作部門』、長尺モノの『ワンミニッツCM部門』や初心者の人も参加しやすい『撮りっぱなしCM部門』の3部門で実施します。

【特徴 ③】
韓国・香港・インドネシアの学生が参加する国際色豊かなコンテスト
毎年、日本全国津々浦々の大学生・専門学校生・高校生に参加していただき、たくさんの作品が寄せられています。また、韓国や香港の学生からも多数参加いただく中、新たにインドネシアの参加が決定!
4つの国・地域で実施する国際色豊かなコンテストも大きな特長の1つです。


詳細につきましてはウェブサイトをご覧ください。
公式ホームページhttp://k.gatsby.jp/award/ (ケータイ・パソコン)

どうぞ宜しくお願いいたします。

http://k.gatsby.jp/award/

 

撮影講習会

 投稿者:Nかの  投稿日:2010年 6月19日(土)15時00分13秒
  今日は撮影講習会やってます
部室E813でやってます
となりはシネ○ロなので行かないように
先輩いっぱいです
 

うえだ城下町映画祭第八回自主制作映画コンテスト作品募集

 投稿者:うえだ城下町映画祭自主制作映画  投稿日:2010年 5月28日(金)11時18分56秒
  長野県上田市の「うえだ城下町映画祭自主制作映画コンテスト」事務局です。
掲示板をお借りしてコンテストの作品募集について告知させていただきます。

上田市では、映画の黎明期より現在に至るまで、間断なく映画のロケが行なわれており、
昨年は「ゼロの焦点」「ヴィヨンの妻」などが撮影されています。

また、日本映画の優れた作品を上映する「うえだ城下町映画祭」も今年で14回目を迎えます。
「うえだ城下町映画祭」では、さらなる映画文化の振興を願って本年も自主制作映画コンテストを行います。
募集期間は2010年6月15日(火)~8月8日(日)です。
大賞作品には賞金と11月6日(土)の映画祭会場での上映をいたします。

詳細につきましてはウェブサイトをご覧ください。
どうぞよろしくお願いいたします。
http://www.umic.jp/eigact/index.html

http://www.umic.jp/eigact/index.html

 

レンタル掲示板
/21