teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


いつも楽しく読ませてもらってます

 投稿者:剣の代行者に踏まれた石ころ  投稿日:2017年 5月22日(月)19時42分28秒
返信・引用
  確かに今回のセイバーはちと可哀想な感じありますが、ゼロ本作でもあったけどケイネスピンチのときにランサー見逃して行かせたシーンはその通りすぎるんですよね。「言われてみたらそれっておかしいよね?敵でしょ?」原作では引くけど襲ってたかもしれないわけで。。
あと、セイバーについては別にこんなもんかなとも思いますよね。4次のときは国の救済だけど、5次では王の選定のやり直しになってるのでバーサーカーのランスロットと戦ったときに自分の考えが甘いことを深く自覚して少し成長したのが5次のセイバーだった。なので5次の士郎とは良好だったと変換的な解釈して読んでいます(;´Д`)
神霊士郎も傍らにいた士郎の世界のアルトリアを見てきているから4次セイバーの暴言や軽率な行動がゆるせなくて爆発しちゃったのかなと。
イスカンダル陛下やギル、ディルムッドなど含めた今後の展開が楽しみです。
批判する人もいますが、私はお話的に面白く読ませて頂いてます。頑張ってください。
 
    (管理人)   感想ありがとうございます。
  以前も書きましたが、zeroセイバーの扱いは悪すぎると自覚していますが、士郎の性格や生前の修行で培った歴史観を考えるとどうしてもzeroセイバーと親しくなる場面を出す事が出来ませんでした。
  その亀裂が決定的になったのが聖杯問答での『やり直せば必ず報われる』発言です。
  士郎からしてみれば、歴史を捩じ曲げ狂わせるこの責任も十字架も認識せずに良い方向にしか考える事をしないzeroセイバーに感情が爆発したようなものです。
  今後も一人でも愉しんで呼んでもらえる作品目指して推敲して行きます。
 
 

納得です

 投稿者:鋼の後継  投稿日:2017年 5月17日(水)22時22分40秒
返信・引用
  ご丁寧にありがとうございます。
ご返事をいただいた後本編を読み直してみると、初戦の戦闘中にウェイバーが、その後の初戦総評時に後の麻婆が言っていた、『戦闘中にステータスが乱高下している』という描写とそれの意味する所を此方が理解していなかった、ということが分かり、恥ずかしい限りでした。

さて、いよいよ始まったエクスキューター戦。誰が残り、誰が散るのか。優雅は何を突きつけられて、麻婆は何を企むのか。セイバーは誰に全否定されるのか、アーチャーは慢心を捨てる事態になるのか。すべてが楽しみです。ご無理をなさらずに筆をお勧めくださいませ
 
    (管理人)   返信ありがとうございます。
  小ネタですが、序盤戦で発覚した士郎のステータスの乱高下ですが、あれは神霊束縛でも抑えきれない部分が一瞬一瞬で出て来たのが、ステータスに現れた結果です。
  fate設定でのスタータスで+がつく状態が通常よりも短い間隔で現れるとお考え頂ければ幸いです。
 

はじめまして

 投稿者:鋼の後継  投稿日:2017年 5月13日(土)03時13分39秒
返信・引用
  いつも楽しく拝見しています。今回の更新までで、少々疑問に思った点が一点。
微に入り細を穿つ下準備を以て戦闘行為に向かう切嗣・エクスキューターのコンビが、宝具使用からそれなりに時間が経過しているにもかかわらず、『宝具使用による保有スキルの一時封印、ないし弱体化』という事態に一切言及していないのには違和感を覚えました。
少なく見積もっても戦術的に、対象スキルによっては戦略的な見直しすら強いられてもおかしくない事態のはずなのに当人たちからの事態の認識を示す言及はなく、現在の更新までで、ステータス低下・保有スキルの封印に言及しているのは時臣の結界のみ、というのが少し気になりました。
もしかしたら、ラック値が最低を割り込んでいる設定ゆえに、今回の戦闘中に判明してしまうという、実地で仕出かされたら悪夢以外の何物でもない事態を予定しているのかもしれません。もしそうならば、踏み込みすぎの余計かつ不躾な質問をお許しくださいませ。
長々と失礼しました。時臣に、桜の一件を突きつけるのは誰なのか、貴作における暴走セイバーを糾弾するのは誰なのか、エクスキューターの嫁さん連合はいつどのタイミングで現世に顔見世するのか、更新を楽しみにしています。
 
    (管理人)   初めまして、感想、並びにご指摘ありがとうございます。
  ご指摘の点ですが、申し訳ありません、こちらの記述が紛らわしい状態でした。
  保有スキルの封印、若しくは弱体化と言うのはあくまでも神霊束縛スキルの効果であって宝具使用の副作用ではありません。
  修正もしましたが、改めて箇条書きにさせて頂くと神霊束縛スキルの効果は
  ・宝具以外のステータス弱体化
  ・敵陣営の情報開示禁止
  ・宝具は一つにつき一回に加えて令呪を消費
  ・保有スキルをランダムで封印か弱体化
  となります。
  こちらの紛らわしい表現でご迷惑をお掛けした事を重ねてお詫びします。
 

はじめまして

 投稿者:  投稿日:2017年 3月22日(水)18時58分43秒
返信・引用
  いつもこちらの作品、読ませていただいてます。4次聖杯戦争にエミヤが召喚される(こちらでは衛宮士郎ですが)のは結構好きですね。最新話で切嗣、士郎対残りの陣営との戦いが決定的となりましたが…他の4次エミヤ召喚ものでもエミヤ対他陣営と言う展開がありましたがこちらではどんな展開になるのか楽しみです。執筆頑張って下さい!
誤字報告です。
不本意で加えたった所だろうな→不本意で加えたって所だろうな、ですね。
 
    (管理人)   初めまして、感想ありがとうございます。
  次のActから対エクスキューター連合との戦闘に入ります。
  少しでも満足出来る様な内容にするべく精進していきます。
  それと誤字報告ありがとうございます。
  修正しました。
 

まず最初に失礼します。

 投稿者:しるなり  投稿日:2017年 3月 1日(水)20時18分45秒
返信・引用
  誹謗中傷と思われるかもしれませんが、書き込みます。未遠川決戦Ⅰ、Ⅱ、今回更新された話、必要だとは思いますが、良く言っても丁寧過ぎる、悪く言えば原作をコピー&ペーストして気持ち手を加えた。という印象が強いです。原作を読んでない、視てない人であれば話は別ですが、このサイトまでたどり着いた人ならそれはないと思います。 ある少年漫画で「ツッコミはボケの分かりにくい所を解説する役目もあるがこうまで丁寧に拾われると、冷める」という様な台詞があったのですが、ここの所はそういった部分が多いです。今回の更新にあたって「そろそろウェイバーの寝袋イベントか、でも半月弱であれ丸一話使う事はないだろう」と思っていただけに、ひたすら残念でした。オリジナルと呼ぶべき連合の話もZEROセイバーはもう仕方ないとして、ケイネスや優雅やアイリ達の皮肉の言い合いがしつこく感じました。もっと作者様の文が読みたいです。 長く、心ない文失礼しました。  
    (管理人)   感想並びにご指摘ありがとうございます。
  お恥ずかしい話私自身sevenhistoryを書いていて、何故話の流れが遅いのだろうと自問自答していましたが、ようやく答えがわかったような気分です。
  書いている時はまず骨格を組み上げてから肉付けしていくのですが、その肉付けをしすぎていたようです。
  『書かなくてはいけない事もあるが書かなくても良い事もある』
  田中芳樹先生の 『創竜伝』にそんな一文があったのですが、それを忘れていたようです。
  この初心に立ち返り、書き進めていきます。
  私自身の文に関しては、次のAct6で完全に原作から乖離しますので少しはましなものをお見せ出来るとは思います。
  
 

ケイネスの演技…

 投稿者:名無しWWW  投稿日:2017年 1月12日(木)19時49分51秒
返信・引用
  ケイネスのあの話し方だと…自分が犯人の可能性(大)て、言ってるようなもんだろWWW

閣下とかコトミネ辺りが気がつきそうなきもするぞWWW

次の更新も楽しみにしてます
 
    (管理人)   感想ありがとうございます。
  どうでもいい情報ですが、ケイネスは自分が疑われる、怪しまれるとは露ほどにも考えていません。
  疑いはエクスキューター陣営に向けられると本気で信じています。
  また現状において、ケイネスが怪しいとまで行かなくても幾人かはエクスキューター陣営犯行説に疑問を持っています。
  ただ、それぞれ様々な思惑がありあえて黙っています。
 

今年も一年ありがとうございました

 投稿者:烈風601型  投稿日:2016年12月31日(土)23時07分23秒
返信・引用
    こんばんわ
  2016年も残り一時間を切りました。
  今年は親戚の不幸もあった事もあり、例年よりも慌しい印象のある年でした。
  それに反映したのか判りませんが、『Seven History』の進みも遅かったようにも思います。
  本当に反省しきりです。
  来年はもう少し物語の進行速度を上げて行くことを目標としていきます。
  では皆様良いお年を。
 

(無題)

 投稿者:名無しwww  投稿日:2016年12月22日(木)22時43分34秒
返信・引用
  今回の内容のところで、本来ならあんな風に動けないのはずがっあんた風になってますよ
 
    (管理人)   ご指摘ありがとうございます。
  確認いたしまして修正いたしました。
  またよろしくお願いします。
 

神霊

 投稿者:名無しwww  投稿日:2016年10月31日(月)12時35分41秒
返信・引用
  仕える神の直属の部下のはず
だから、他の神の指令に拒否権は、あるけど文句もいえないはずじゃね?
まぁ…例外はあるかもしれないけど
 
    (管理人)   感想ありがとうございます。
  建前としての話ですが、お書き頂いた内容で間違いありません。
  実質は平等ですので他の神霊の仕事を命令などを抜きにして手伝う事は多々あります。
  余話で、士郎が死神でもないのに大河やバルトメロイを迎えに行ったのは、志貴に頼み込んで赴く事が出来たからです。
 

(無題)

 投稿者:ケイ  投稿日:2016年10月28日(金)14時00分11秒
返信・引用
  最近のFateにはアマテラスやアルテミスといった最高位の神霊が登場してますが、
神霊化した士郎たちは神界の中でどれくらいの立場なんでしょうか?
 
    (管理人)   感想ありがとうございます。
  ご質問の件ですが、上記の名無しさんのおっしゃっているようにそれぞれのカテゴリーを司る主神の配下の立場です。
  思いっきり俗っぽい例えですが、主神が社長、例えとして出された最高位の神霊は重役、士郎や志貴など代理人から神霊となった場合は部長などの中間管理職、そして従者から神霊となった場合は平社員。
  建前としてはその様な立場だとお考えいただければ幸いです。  
 

レンタル掲示板
/128